写真俳句は写真と俳句、川柳など五七五の十七音から成る日本語の定型詩を組み合わせた新しい表現世界です。

日本写真俳句大賞2022は皆様の作品を募集しています。

テーマはございません。自由な発想であなたの写真俳句を応募ください。

表彰・賞品

  • 最優秀賞 1名 賞品:図書券3万円
  • 優秀賞 2名 賞品:図書券3千円
  • 入選 12名

副賞として、入賞全員(15名)に日本写真俳句大賞2022特製記念フォトブックを進呈

応募期間

2022年2月28日(月)まで

応募方法

【応募フォーム】

応募専用フォームからの応募ください。応募フォームはこちら

【郵送】

応募用紙に必要事項を記入の上、応募ください。郵送用の応募用紙はこちら

審査員

森村誠一

日本の小説家・作家。推理小説、時代小説、ノンフィクションなどを手がける。著作数は400作を超える。2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で写真俳句の提唱者として広く認知される。写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

斎藤牧子

写真俳句作家 写真俳句連絡協議会 理事
10代からアメリカで過ごす。帰国後、大学院で美術史を専攻。また森村誠一に写真俳句を師事。男女の機敏を写真俳句とエッセイで表現した作品を発表している。

本郷恵理

写真俳句作家 写真俳句連絡協議会 理事
祖母の影響で俳句をはじめる。学生、社会人を経て、写真俳句コンテスト入賞時に森村誠一から高く評価され本格的に写真俳句に取り組む。国内外の旅の風景や日常を詠んだ作品を発表している。


・株式会社 メイツユニバーサルコンテンツ ・写真俳句連絡協議会

入賞発表

2022年4月1日(金)に写真俳句連絡協議会ホームページにて発表します。

入賞された方には、写真俳句連絡協議会よりメールにて直接連絡させていただきます。

応募上の注意

入賞・入選作品の著作権は、作者に帰属いたします。ただし、入賞・入選作品は主催者の作成する印刷物やWEB・SNS上で発表されることがあります。あらかじめご了承ください。

  • 募集作品には課題、テーマ等はございません。自由に写真俳句を創作ください。
  • 応募作品は写真・俳句ともに自作・未発表のもの、著作権を本人が有しているものに限ります。
  • 人物が写っている作品については、撮影・応募に関する承諾を応募者が責任を持つ形でご提出ください。問題が生じた場合は、応募者の責任において解決していただきます。
  • 応募はひとり5作品までとします。ご応募いただいた作品は返却いたしません。
  • 類似する先行作品があった際には、表彰後でも受賞を取り消す場合があります。
  • 添付写真は1回につき5MBが上限です。
  • 募集要項に反する行為があった場合には、入選の取消しや公式ホームページ等への不掲載を原則に、主催者が対応を判断します。
  • 入賞・入選作品の発表や出版に関する著作権は、二次利用を含め、写真俳句連絡協議会に帰属するものとします。
  • 選考経過や経緯のお問い合せは応じかねます。

主催

写真俳句連絡協議会

協力

株式会社 メイツユニバーサルコンテンツ、ダンクセキ株式会社、埼玉新聞社

い合わせ先

写真俳句連絡協議会事務局
102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア ウーニクス内
TEL:03-6380-8341 FAX:03-6869-3274
メール:info@shashin-haiku.org 問い合わせフォーム